楽天 過去のドラフト指名選手まとめ!

 

チ~ッス。ライト番長です!

 

シーズンが終わると次の楽しみはドラフト会議

楽天はどの選手を指名するのか、甲子園や神宮で活躍した選手を獲得できるか、非常に楽しみですね~。

 

その前に、

楽天が過去のドラフトで指名した選手

をまとめてみました。

 

その年のドラフトに対するコメントも入れてます。

 

 

楽天 ドラフト指名選手

2004年
自由枠1
 一場 靖弘(明治大・投手)
自由枠2
(行使せず)
1位
(指名権なし)
2位
 渡辺 恒樹(NTT東日本・投手)
3位
(指名権なし)
4位
 西谷 尚徳(明治大・内野手)
5位
 塩川 達也(東北福祉大・内野手)
6位
 大広 翔治(東洋大・内野手)
7位
 平石 洋介(トヨタ自動車・内野手)

 

コメント

栄養費問題の棚ボタで一場を獲得。

しかし期待されたほどの成績は残せず…。

チームへの貢献度という意味では、7位の平石は監督まで上り詰めた。

 


2005年
【高校生ドラフト】
1位
 片山 博視(報徳学園高・投手)
2位
(指名権なし)
3位
 宇部 銀次(盛岡中央高・捕手)
4位
 枡田 慎太郎(智弁学園高・外野手)

【大学生・社会人ドラフト】
希望枠
(指名なし)
1位
 松崎 伸吾(東北福祉大・投手)
2位
(指名権なし)
3位
 青山 浩二(八戸大・投手)
4位
 河田 寿司(三菱重工長崎・捕手)
5位
 西村 弥(東京情報大・内野手)
6位
 木谷 寿巳(王子製紙・投手)
7位
 井野 卓(東北福祉大・捕手)
8位
 草野 大輔(ホンダ熊本・内野手)
9位
 山崎 隆広(NTT西日本・外野手)

【育成ドラフト】
(参加せず)

 

コメント

大型左腕として期待された片山だったが、ケガの影響で不本意な成績のまま引退。

逆に岩手出身の銀次は首位打者を獲得するなど、期待を超える活躍!(失礼)

青山は不安定さもあるが、主に中継ぎとしてフル回転。

 


2006年
【高校生ドラフト】
1位
 田中 将大(駒大苫小牧高・投手)
2位
(指名権なし)
3位
 山本 大明(尾山台高・捕手)

【大学生・社会人ドラフト】
希望枠
(指名なし)
1位
 永井 怜(東洋大・投手)
2位
(指名権なし)
3位
 嶋 基宏(国学院大・捕手)
4位
 横川 史学(青山学院大・外野手)
5位
 渡辺 直人(三菱ふそう川崎・内野手)

【育成ドラフト】
1位
 金森 久朋(元・西多摩倶楽部・投手)
2位
 中村 真人(シダックス・外野手)

 

コメント

この年は豊作!!

田中永井渡辺と楽天をけん引した選手を獲得。

その田中4球団の競合の末、島田亨球団社長がクジを引き当てた

 


2007年
【高校生ドラフト】
1位
 寺田 龍平(札幌南高・投手)
2位
(指名権なし)
3位
 石田 隆司(東海大仰星高・投手)
4位
 菊池 保則(常磐大高・投手)

【大学生・社会人ドラフト】
1位
 長谷部 康平(愛知工大・投手)
2位
(指名権なし)
3位
 伊志嶺 忠(東京情報大・捕手)
4位
 聖沢 諒(国学院大・外野手)

【育成ドラフト】
1位
 内村 賢介(BC石川・内野手)

 

コメント

長谷部は実績も期待も十分だったが、プロでは結果が出せなかった…。

聖沢は自慢の足で盗塁王を獲得。

 


2008年
1位
 藤原 紘通(NTT西日本・投手)
2位
 中川 大志(桜丘高・内野手)
3位
 井坂 亮平(住友金属鹿島・投手)
4位
 井上 雄介(青山学院大・投手)
5位
 楠城 祐介(パナソニック・外野手)
6位
 辛島 航(飯塚高・投手)

育1位
 森田 丈武(四国九州IL香川・内野手)

 

コメント

この年は辛島ぐらいか。

藤原中川も期待されていたが、結果を出せずに引退…。

 


2009年
1位
×菊池 雄星(花巻東高・投手)
 戸村 健次(立教大・投手)
2位
 西田 哲朗(関大一高・内野手)
3位
 小関 翔太(東筑紫学園高・捕手)
4位
 高堀 和也(三菱自動車岡崎・投手)
5位
 土屋 朋弘(シティライト岡山・投手)

育1位
 松井 宏次(四国九州IL長崎・内野手)

 

コメント

菊地を外したのが痛かった…。

それ以外、特徴も結果も無かったドラフト。

 


2010年
1位
×大石 達也(早稲田大・投手)
 塩見 貴洋(八戸大・投手)
2位
 美馬 学(東京ガス・投手)
3位
 阿部 俊人(東北福祉大・内野手)
4位
 榎本 葵(九州国際大付高・外野手)
5位
 勧野 甲輝(PL学園高・内野手)

育1位
 加藤 貴大(BC富山・投手)
育2位
 木村 謙吾(仙台育英高・投手)
育3位
 川口 隼人(滋賀高島BC・内野手)

 

コメント

塩見美馬はそこそこ活躍している。

それ以外は特筆すべき点がない。

 


2011年
1位
×藤岡 貴裕(東洋大・投手)
 武藤 好貴(JR北海道・投手)
2位
 釜田 佳直(金沢高・投手)
3位
 三好 匠(九州国際大付高・投手)
4位
 岡島 豪郎(白鴎大・捕手)
5位
 北川 倫太郎(明徳義塾高・外野手)
6位
 島内 宏明(明治大・外野手)

育1位
 神保 貴宏(北海道トランシス・外野手)

 

コメント

岡島島内はまずまず。

ここ数年スター選手が誕生していない。

問題はドラフトでの指名?それとも入団後の育成?

 


2012年
1位
 森 雄大(東福岡高・投手)
2位
 則本 昂大(三重中京大・投手)
3位
 大塚 尚仁(九州学院高・投手)
4位
 下妻 貴寛(酒田南高・捕手)
5位
 島井 寛仁(熊本Gラークス・外野手)
6位
 柿沢 貴裕(神村学園高・投手)

育1位
 宮川 将(大阪体育大・投手)

 

コメント

ドラフトで獲得した選手がやっと結果をだした!

則本は開幕投手を務め楽天の優勝に貢献し、新人王も獲得。

田中が抜けた後は、楽天のエースに成長。

 


2013年
1位
 松井 裕樹(桐光学園高・投手)
2位
 内田 靖人(常総学院高・内野手)
3位
 浜矢 広大(ホンダ鈴鹿・投手)
4位
 古川 侑利(有田工高・投手)
5位
 西宮 悠介(横浜商科大・投手)
6位
 横山 貴明(早稲田大・投手)
7位
 相原 和友(七十七銀行・投手)
8位
 相沢 晋(日本製紙石巻・投手)
9位
 今野 龍太(岩出山高・投手)

育成
(指名なし)

 

コメント

松井を獲得したのは大きい。

セットアッパーとして結果を残す。

それ以外の選手は…今後に期待か?

 


2014年
1位
 安楽 智大(済美高・投手)
2位
 小野 郁(西日本短大付高・投手)
3位
 福田 将儀(中央大・外野手)
4位
 フェルナンド(白鴎大・外野手)
5位
 入野 貴大(四国IL徳島・投手)
6位
 加藤 正志(JR東日本東北・投手)
7位
 伊東 亮大(日本製紙石巻・内野手)

育1位
 八百板 卓丸(聖光学院高・外野手)
育2位
 大坂谷 啓生(青森中央学院大・外野手)

 

コメント

ケガ後は全盛期のスピードが出ていない安楽を1位指名。

まだ結果は出てないが、まだ期待はできる。

それ以外の選手にはあまり期待ができない。

 


2015年
1位
×平沢 大河(仙台育英・内野手)
 オコエ 瑠偉(関東第一高・外野手)
2位
 吉持 亮汰(大阪商大・内野手)
3位
 茂木 栄五郎(早稲田大・内野手)
4位
 堀内 謙伍(静岡高・捕手)
5位
 石橋 良太(ホンダ・投手)
6位
 足立 祐一(パナソニック・捕手)
7位
 村林 一輝(大塚高・内野手)

育1位
 出口 匠(津田学園高・内野手)
育2位
 山田 大樹(菰野高・内野手)

 

コメント

地元仙台育英の平沢を外したときは、楽天ファン全員がため息をついたとか…。

オコエは悪くないが、調子の浮き沈みが激しいのがネック。

茂木は1年目から活躍。

 


2016年
1位
 藤平 尚真(横浜高・投手)
2位
 池田 隆英(創価大・投手)
3位
 田中 和基(立教大・外野手)
4位
 菅原 秀(大阪体育大・投手)
5位
 森原 康平(新日鉄住金広畑・投手)
6位
 鶴田 圭祐(帝京大準硬式・投手)
7位
 野元 浩輝(佐世保工高・投手)
8位
 石原 彪(京都翔英高・捕手)
9位
 高梨 雄平(JX-ENEOS・投手)
10位
 西口 直人(甲賀専門学校・投手)

育1位
 千葉 耕太(花巻東高・投手)
育2位
 南 要輔(明星大・内野手)
育3位
 向谷 拓巳(BFL兵庫・内野手)
育4位
 木村 敏靖(履正社専門学校・投手)

 

コメント

比較的、質の高い選手を獲得した。

プロで化けるか?

今後に期待!

 


2017年
1位
×清宮 幸太郎(早実高・内野手)
×村上宗隆(九州学院高・捕手)
 近藤 弘樹(岡山商科大・投手)
2位
 岩見 雅紀(慶応大・外野手)
3位
 山崎 剛(国学院大・内野手)
4位
 渡辺 佑樹(横浜商科大・投手)
5位
 田中 耀飛(BFL兵庫・外野手)
6位
 西巻 賢二(仙台育英高・内野手)
7位
 寺岡 寛治(BC石川・投手)

育1位
 井手 亮太郎(九州産業大・投手)
育2位
 松本 京志郎(光南高・内野手)
育3位
 中村 和希(天理大・外野手)

 

コメント

競合必至の清宮に挑み、あえなく撃沈。

続く村上も外し、外れの外れで近藤を指名。

清宮を指名するよりも、苦手なドラフトを手堅くいくべきだったのでは?

仙台育英の西巻を獲得したことは好印象。

 


 

今回はここまで。