楽天イーグルス選手情報2 #11 岸 孝之

チ~ッス
ライト番長です!
クライマックスシリーズもいよいよファイナルステージになり、盛り上がってるね~。
来年はそのお祭りに参加してほしい…。
(切実な願い)

 

 

さてさて、クライマックスシリーズへの想いは置いといて、今日も選手紹介をしていきます!

 

今回は、楽天のプリンス・岸孝之!!

仙台のどこ出身?今までの成績は?結婚はしてるよね?といった気になる情報をまとめました。

 

 

プロフィール

本名

岸 孝之(きし たかゆき)

 

背番号

11

 

出身

宮城県仙台市太白区

 

生年月日

1984年12月4日

 

身長

180cm

 

体重

77kg

 

投打

右投右打

 

経歴

小学校:西中田ゴールデンアクロス
中学校:仙台市立柳生中学校
高校:宮城県名取北高等学校
大学:東北学院大学

2007年 大学生・社会人ドラフト希望入団枠で西武入団
2017年 FAで楽天入団

 

登場曲

not all about the money(LA LA LAND feat. Timbaland)

 

 

入団後の成績

成績

2014年 最高勝率
2018年 最優秀防御率

 

年俸

2007年 1500万円(契約金1億円)
2008年 3600万円
2009年 7000万円
2010年 1億2000万円
2011年 1億2000万円
2012年 1億1000万円
2013年 1億5000万円
2014年 2億円
2015年 2億2500万円
2016年 2億2500万円
2017年 2億2500万円
2018年 3億円

※ 金額は全て推定

 

選手の評価・豆知識

岸の特徴といえば、糸を引くようなストレートでしょう。

球の回転数が多いため、打者からすると浮き上がるような伸びのあるストレート。

そのストレートは最速152キロ

変化球はスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップを投げ、特にチェンジアップカーブは一級品

リリース直後のチェンジアップはストレートと見分けがつきにくく、しかもブレーキが効いてキレがあるため、打者は泳がされてしまう。

カーブも落差が大きく、打者には打ちにくい。

伸びのあるストレートとブレーキの利いた変化球、この組み合わせで三振を奪う。

そしてコントロールもいいので、打者を打ち取ることができる。

 

そんな岸のことは高校時代から噂を耳にしていた。

直接見たことはなかったが、

「ナト北にいいピッチャーがいる!」

と聞いて、ずっと気になっていた。

そのピッチャーが東北学院大から西武に入団したと知って、嬉しかったことを覚えている。

 

岸の小学校から中学校時代を知る人に話を聞いたことがあるが、まさかプロ野球選手になるとは思わなかったとのこと。

(決してディスってる訳じゃないよ…)

高校時代に体が成長し筋力アップしたことで、結果が出るようになったらしい。

 

父親は社会人野球チームの監督をしていた野球一家に生まれた岸だったが、本人はそこまで野球に熱中していた訳ではなかった。

進学した名取北高を選んだ理由も、

・家から近い

・坊主にしなくてもいい

という。

 

なんともゆるい感じだ(笑)

 

しかし大学進学後は野球に集中し(?)、日米大学野球選手権大会世界大学野球選手権大会に出場し活躍。

 

そして2006年ドラフトの希望枠で西武に入団し、エースとしてチームをけん引した。

2016年オフにはFA権を行使し、地元仙台の楽天に。

 

さて、仙台出身のプリンス・岸も女性ファンからの人気は高い。

でもね、女性ファンの皆さん、

岸は結婚してますよ~

(前回のパクリ)

 

奥さんは、岸より1歳年上の北海道出身。

岸以上に温厚で穏やかな癒し系タイプとのこと。

そして2人の子供がいるようです。

 

真面目で誠実な岸は、きっといいパパでしょうね~。

 

はい、見習います… 

 

今年で34歳を迎えた岸。

しかしまだまだ衰えは感じさせないピッチングをしています。

これからも楽天の投手陣を支えてくれ!

 

 

次回も選手紹介をするのでヨロシク!!