浅村の補償はどうなる?プロテクト予想の結果、答えが見えた!

チ~ッス
ライト番長です!
明日は用事があって楽天のファン感に行けない…。
なのでファン感の記事は書かない!

 

 

という謎の宣言もあり、今回も浅村の移籍について。

 

浅村の加入が正式に決まりファンも盛り上がっているが、気になるのは浅村の補償はどうなるのか?ということ。

今回はFA選手の補償についてまとめてみた。

さらに楽天選手のプロテクト予想や、結局どういう補償になるかという結論も。

 

ではどうぞ。

 

 

浅村の補償はどうなる?

楽天へのFA移籍が決まった浅村。

次に考えなければならないのが、補償問題。

その補償はどうなるか?

 

浅村の今季年俸は2億1000万円。

西武では、

中村 2億8000万円
菊池 2億4000万円
秋山 2億2000万円

に次ぐ4位

FAのルールからすると、

日本人選手の前球団の旧年俸順に、

上位3位までをランクA、

4位から10位までをランクB、

11位以下をランクC

とランク付けされ、ランクAとランクBの選手が補償対象選手となる。

 

ということで、浅村はランクBで補償対象になる。

その補償には2パターンあり、

金銭補償

移籍先球団は、

ランクAの選手獲得の場合は旧年俸の80%

ランクBの選手獲得の場合は旧年俸の60%

を前球団へ支払わなければならない。

 

人的補償

移籍先球団は前球団が指名したプロテクト外の選手1名と金銭を支払う。

金銭については、

ランクAの選手獲得の場合は旧年俸の50%

ランクBの選手獲得の場合は旧年俸の40%

を前球団へ支払わなければならない。

 

となっている。

 

つまり、浅村の移籍で西武に対して、

 ①.1億2600万円を支払う

 ②.プロテクト外の選手1名+8400万円を支払う

のどちらかになる。

 

 

プロテクト予想

んじゃ、次は誰がプロテクトされるか?ということになる。

プロテクトは28名と決まっている。

それを勝手に予想してみた。

 

11月24日
一部認識が違っている部分がありました。
プロテクト選手を一部変更しています。
ご指摘いただいた方々、ありがとうございました!!

1 松井 裕樹
11 岸 孝之
12 近藤 弘樹
14 則本 昂大
15 美馬 学
17 塩見 貴洋
19 藤平 尚真
20 安樂 智大
21 釜田 佳直
28 小野 郁
41 青山 浩二
43 宋 家豪
53 高梨 雄平
58 辛島 航

37 嶋 基宏
29 山下 斐紹

5 茂木 栄五郎
6 藤田 一也
8 今江 年晶
33 銀次
34 山崎 剛
36 内田 靖人
67 西巻 賢二

4 岡島 豪郎
9 オコエ 瑠偉
13 岩見 雅紀
25 田中 和基
35 島内 宏明

以上、28名。

 

これが結構難しかった。

普通なら、

この選手も残したい!でもこっちの選手も残したい!

って悩むが、

プロテクトしたい選手が少ない

ので悩んだ。

 

これは、最下位チームの嬉しい悩みだ(笑)

 

最初にリストアップしたのが22名。

その後なんとか4名を追加したが、そこからが長かった…。

結局、プロテクト外でも大丈夫と思われる選手を無理矢理入れた。

たぶん、この選手をプロテクトするか?と思った人もいるはずだ。

(どの選手かは言いません!)

 

でも、プロテクトはだいたいこんなもんになるでしょ。

 

 

金銭補償か?人的補償か?

西武は楽天から、

①.1億2600万円を支払ってもらう

②.プロテクト外の選手1名+8400万円を支払ってもらう

ことになる。

 

つまり、

4200万円か?プロテクト外の選手1名か?

のどちらかを選択することになる。

 

ってことは、

プロテクト外で4200万円以上の価値がある選手がいるか?

という話しだ。

 

ズバリその答えは、

いないっしょ。

 

…うん。

ということで、金銭補償になると思われる。

 

実際、岸がFA移籍した時も西武は、

ニーズに合う選手がいない

という大人な言い方をして金銭補償になった。

だが結局は、

西武に加入して活躍しそうな有望な選手がいない!

と思ったのだろう。

 

でも、こればっかりはしょうがない。

 

 

まとめ

楽天は所属選手を失わずに浅村を獲得することになる!

 

選手にとっても、これは良かったんじゃないかな。

来季は期待できるぞ!