田中が新人王、岸がゴールデングラブ賞を獲得! 楽天で過去の受賞者は?

チ~ッス
ライト番長です!

 

今シーズン、あまりいい事のなかった楽天…
でも2人が賞を獲得!!

 

 

ということで、今回は新人王ゴールデングラブ賞を獲得した2人を紹介。

さらに過去の受賞者も調べてみた。

 

ではどうぞ。

 

 

新人王 田中 和基

オリックス・山本、ソフトバンク・加治屋などの選手を抑えて新人王を獲得した田中和基。

今シーズンの成績は次の通り。

打率.265 18本塁打 45打点 21盗塁

 

ちなみに田中和基は2年目

「新人ちゃうやん?」

という声が聞こえてきそうなので、ここでルールをおさらい。

 

最優秀新人(新人王)は、以下の全項目を満たす選手に与えられる。

・海外のプロ野球リーグに参加した経験がない選手
・支配下選手に初めて登録されてから5年以内の選手
・投手として前年まで1軍での登板イニング数が30イニング以内の選手
・打者として前年まで1軍での打席数が60打席以内の選手

 

注目は、

『登録されてから5年以内の選手』

ということ。

昔は、新人の年のみという時代もあったが、今は5年以内。

 

ん~、いくら試合に出場していなかったとしても、5年目の選手は

「新人ちゃうやん?」

って思ってしまう。

 

ちなみに過去の新人王受賞者をみると、1年目の選手がほとんど。

たまに2年目、3年目の選手がいるが、5年目で受賞した選手はさすがにいないようだ。

 

現実的には、

入団後4年間は1軍での出場がほとんどなく5年目でブレイク!

というのは難しいだろう。

(もし4年間結果を出せなかったら戦力外になってしまうか…)

 

ここで過去の受賞者について。

楽天選手の新人王獲得は、田中和基で3人目。

過去の受賞者は、

2007年 田中 将大

2013年 則本 昂大

の2人。

 

この2人の先輩のように、田中和基も一流の選手になってほしい。

 

 

ゴールデングラブ賞 岸 孝之

第47回三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者が、11月8日に発表。

パ・リーグの投手部門は、則本や西武・菊池を抑えて岸が受賞した!

岸は今回が初受賞

11月29日に行われた表彰式に出席し、金色のグローブを受け取った。

 

今シーズンの岸の成績は次の通り。

11勝4敗 防御率2.72

守備率1.000

 

ゴールデングラブ賞にも選考基準があるので紹介。

 

【投手】
規定投球回数以上投球していること。
またはチーム試合数の1/3以上登板。
(本年度のチーム試合数の1/3以上は47試合以上)

 

過去の受賞者も紹介。

2010年 嶋 基宏

2011年 田中 将大

2012年 田中 将大(2年連続)

2013年 田中 将大(3年連続)、嶋 基宏、藤田 一也

2014年 藤田 一也(2年連続)

2016年 藤田 一也

2017年 銀次

2018年 岸 孝之

 

田中の3年連続はさすがだ。

岸にも連続受賞してほしい。

 

 

記念グッズ

田中和基選手の新人王獲得記念グッズが、11月30日(金)21:00から発売される。

ちなみに今回は第一弾。

第二弾は2019年1月に発売予定とのこと。

 

また、岸孝之選手のゴールデン・グラブ賞受賞記念グッズも発売予定。

詳細は近日発表されるはず。

 

 

最後に

チームの明るいニュースはいいね~!

来年はMVPやベストナインを獲得する選手が出てくればいいな~。

 

選手の皆さん、ヨロシク!!