楽天の新応援歌!ズバリ『肯定派』です!!大モメの応援歌問題を考えてみた。

スポンサーリンク

ファン向け情報
チ~ッス
ライト番長です!
今日は応援に関する大事な話!!

 

 

2月16日に行われた応援決起集会。

そこで、2019シーズンから使用する選手応援歌や、新しい応援歌が発表になった。

その結果、今までの応援歌は全て廃止に…。

ファンの不満は大爆発!

 

ネット上で署名活動を行ったり、反対するための活動が行われている。

というのが今の状態。

 

ということで今回は、この楽天イーグルスの応援歌問題について考えてみた。

ではどうぞ。

 

 

応援歌って誰のもの?

楽天の応援時にみんなで歌う応援歌。

球場の一体感が生まれ、選手のモチベーションもアップ。

茂木やウィーラーの応援歌なんかは特に人気もあった。

そしてベニーランドの替え歌で

「杜の都の牛タンパワー」

とみんなで歌うときは、本当にファンの一体感を感じる。

 

そんな応援歌、これって誰のものなのか?

 

法的に考えると、応援歌の作曲者や作詞者に著作権がある

ということは、この応援歌を作った応援団が著作権を保持していることになる。

 

でも、応援団が個人に対して著作権料を払えと言うことはないだろう。

むしろ、みんなで歌って応援することを望んでいるはず。

 

ということで、著作権が分かったところで次の話。

 

 

スポンサーリンク

こうなった経緯は?

2018シーズン

球団から、2018シーズンの応援について発表があった。

2018シーズン、スタジアムでの応援を今まで以上にパワーアップするために、私設応援団有志メンバーと楽天野球団は応援プロデュースチームを結成し、全国の私設応援団メンバーとともに応援盛り上げを行っています。

また、私設応援団は仕事や学業の傍ら応援活動を行っているため、人数が揃わず応援行為がままならないこともあるため、楽天野球団は私設応援団をサポートするために「楽天イーグルス応援パフォーマー」を結成しました。

応援にお越しいただくファンの方々とともに、どんなときも選手のチカラになる熱い応援を行えるよう努めて参ります。

私設応援団・楽天イーグルス応援パフォーマー・楽天野球団はファンの皆さまとともに楽天イーグルスの応援を盛り上げ参ります。

2018シーズンも熱いご声援をお願い申し上げます。

これは球団からリリースされたが、私設応援団も連名で発表。

今までは応援団主体で応援していたのが、球団主体で応援するという形になった。

そして、レフトスタンドに応援ステージとスピーカーが設置され、応援も球団にコントロールされているような感覚に。

とりあえずこの応援スタイルで2018シーズンは終了した。

 

2019シーズン

2019年2月に球団から発表があった。

楽天野球団と私設応援団の皆さまと繰り返し協議をさせていただいた結果、著作権の問題等を踏まえ、2019シーズンは応援歌を刷新させていただく運びとなりました。

応援歌を覚えて、熱い応援をお願いいたします!

この文章からの推測と、昨シーズンの発表との比較の結果、

球団と私設応援団がケンカ別れ

したと思われる。

前に書いた通り、応援歌の著作権は応援団にある。

その著作権の問題ということは、交渉決裂ということだろう。

また、昨シーズンと違い「私設応援団と一緒に応援する」ということは一切書かれてないことから、そう考えられる。

そうなってしまったため、著作権が応援団にある今の応援歌は使えなくなってしまい、新しい応援歌を作らなければならなくなった。

そして楽天の応援プロデュースを務めるジントシオ氏に依頼し、新しい応援歌を作った。

 

 

スポンサーリンク

旧応援歌に戻ることはあるか?

折り合いがつかず私設応援団が去ったため、旧応援歌をまた使うことはないでしょう…。

著作権の問題があるから勝手に使うこともできないし。

球団は、旧応援歌で応援する人がいたら入場禁止にするという話も。

今の状況じゃ旧応援歌を使う確率は限りなくゼロに近いと思う。

 

 

スポンサーリンク

個人的な意見

このような経緯もあって、個人的には、

新応援歌を受け入れる!

という考えでいる。

 

自分としても旧応援歌にはいろいろ思い出もあり、それが使えないのは悲しい。

ただ、それって自分が慣れ親しんだものを失うことが嫌なだけなんじゃないかって思う。

 

現状では旧応援歌を使うことができないなら、新応援歌を受け入れることに気持ちを持っていく方がいいでしょ。

新しい応援歌にもいい面はあるし。

 

応援歌が気に入らないからファンを辞めるという書き込みも結構ある。

でもそういう人には、

どうぞお辞めください

と言いたい。

それって、

私は選手を応援してません

って言ってるようなもんじゃん。

応援歌が変わっても、選手は変わらない。

一生懸命にプレーしているのは選手。

その選手をみんなで応援しようよ。

 

それと、

新応援歌は「オーオーオー」や「ラララ」が多かったり、名前を連呼しているだけで手抜き作業だ!

という意見もあるが、覚えやすくていいじゃん!と思う。

簡単だと誰もが歌えて、球場で一体感が生まれそうだと感じた。

それに、新応援歌を再度聞いてみたが、そこまで悪くなかった。

(ジントシオ氏の声が苦手で、曲に悪い印象を持ってしまっただけだった…)

 

 

スポンサーリンク

最後に

ということで、自分は少数だと思う『肯定派』です。

 

でも、球団が私設応援団と決別したことは納得していない。

もっとうまく交渉できなかったのか?って。

 

球団主体の応援というのも、

「応援している」

のではなく

「応援させられている」

という感じがしてしまうのも気になっている。

 

球場のキャッシュレス化と今回の件で、

2019シーズンは来場者数減少

するんじゃないかな、きっと。

それを見越してイベントを増やし、何とか来場者数の減少を食い止めようとしているのか?と感じてしまう。

 

戦力的には期待しているが、来場者数がどうなるかにも注目している。

 

最後にまとめると、

新応援歌はいいが、球団のやり方には納得していない

というのが自分のスタンスです。

 

結構真面目に考えたね

 

 

 

 

2月1日から新商品発売!!

楽天グッズの購入はコチラからどうぞ。


楽天イーグルスオンラインショップ

 

 

 

ブログ村のランキングに参加中
目指せ1位!!

皆さんクリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク