台湾での練習試合!岸が圧巻の投球で楽天勝利!!

2019キャンプ
チ~ッス
ライト番長です!
海外遠征だ!!

 

 

楽天の主力組は、 台湾に移動しLamigoモンキーズと練習試合。

ここまで好調の楽天は、海を渡っても好調を維持できたのか?

そして開幕投手の予想に変化が?

完全アウェーの中、1人だけホームの選手がいた?

え、MVPなのに罰ゲーム?

など、いろいろ見どころのある内容!

その他に、試合結果や選手レビューもまとめてみた。

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (左) オコエ
2 (中) 田中
3 (二) 浅村
4 (一) ブラッシュ
5 (指) ウィーラー
6 (三) 内田
7 (右) 辰己
8 (捕) 足立
9 (遊) 村林
投 岸

先発は、今シーズン対外試合初登板の岸。

外野手はオコエ、田中、辰己と若手を揃えた。

そしてオコエ&田中の1・2番コンビはスタメン確定かな?

あとは先日2連発の内田に期待!

 

 

試合結果

楽天
000 002 001 = 3
000 001 000 = 1
Lamigoモンキーズ

Lamigoとの練習試合は、3 - 1で勝利!

楽天は1回、2回とランナー出すもあと1本が出ず先制点を奪えない。

先発の岸は相手打線をしっかり抑える。

その後も投手陣が好投し、5回まで両チームとも0を並べる展開。

均衡が破れたのは6回。

ランナー2、3塁から辰己の二ゴロの間に1点を先制!

続く足立がレフトに2塁打を放ち、さらに1点を追加する!

その裏、池田が1発を浴びるが、反撃を1点に抑えた。

9回には楽天が渡邊佳の内野安打&エラーで1点を追加。

最後は宋家豪が締め、楽天が勝利した。

 

 

選手レビュー

初登板だったが、3回を投げ2安打4奪三振の無失点に抑えた。

カーブが冴え、相手打者を翻弄。

ストレートのキレもあり、いいコースに決まっていた。

ここまで調整がうまくいっていることを証明できたピッチング。

今年も安心して見てられる!

開幕投手候補の則本の状態があまり良くない中で、開幕投手を務める可能性が高いかも?

 

池田

3回を投げ1失点だったが、ちょっと不安定。

このままでは先発ローテ入りは難しそう。

 

近藤

2回を投げ無安打3奪三振という完璧なピッチング。

中継ぎとして計算できる。

 

宋家豪

最終回を1安打無失点に抑えた。

地元凱旋ということもあり、この試合のMVPにも選ばれた。

そして、なぜか表彰後に始まるダンス。

一緒に踊っているのは、Lamigoを応援している

ラミガールズ

台湾では結構人気があるらしい。

それにしてもいきなり踊らされる宋家豪に、

これは罰ゲームか?

とも思ってしまう。

しかもダンスを結構踊れている宋家豪。

なんか平和だ(笑)

 

足立

先発マスクを被った足立は、3打数3安打と大当たり!

盗塁も決めるし、どうしちゃったの?

今年の足立は一味違う!!

 

辰己

4打席のうち、3四球を選んだのは評価できる。

今までは空振りも多かったが、この試合ではしっかり球が見れていた。

先制の二ゴロも、得点を奪うためにしっかり右に打つことを意識した結果。

盗塁も決めたが牽制アウトもあったのでプラマイゼロ(笑)

実戦に慣れてきて少し余裕が出てきたかな。

 

 

最後に

台湾でのLamigoモンキーズ戦は2連戦が組まれている。

そのLamigoモンキーズの応援で結構目立っていたラミガールズ。

この中に日本人が1人だけいるそうな。

パッと見ただけではどの人か分かりにくいが、そのあたりも注目したい。

 

・・・決して変な目で見てる訳ではありません(汗)

怪しいな~