岸は安定感抜群だが打線は不安定?楽天-中日のオープン戦①!

スポンサーリンク

2019オープン戦
チ~ッス
ライト番長です!
オープン戦も残り3試合。
生き残りサバイバルだ!

 

 

楽天はナゴヤドームに移動して、中日との3連戦。

この3連戦でオープン戦も終了。

投手陣は最終調整。

野手陣は開幕スタメン争い。

そのあたりがこの3試合の焦点になる。

さてさて、重要な中日戦の結果はどうだったのか?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (中) 田中
2 (遊) 藤田
3 (二) 浅村
4 (左) 島内
5 (指) ウィーラー
6 (一) 銀次
7 (三) 内田
8 (捕) 嶋
9 (右) オコエ
投 岸

前回の試合からスタメンを少し入れ替えてきた。

ショートは藤田

サードに内田が入り、ウィーラーは指名打者。

ライトにはオコエが入った。

先発のは、開幕前の最後の実戦登板になる。

 

 

スポンサーリンク

試合結果

今回の中日戦。

結果は、2 - 2の引き分け

2回表、ランナー2、3塁のチャンスを作り、内田のタイムリーヒットで1点先制!

3回表にはオコエがソロホームランを放ち、1点追加。

3回裏、岸がソロホームランを打たれ1点差に

6回裏に安楽がタイムリーヒットを打たれ同点に追いつかれる

そのまま試合は引き分けで終了。

 

 

スポンサーリンク

選手レビュー

5回まで投げ4安打1四球6奪三振の1失点。

この安定感はさすが。

今回は投球数が98球と実戦に近い数だったが、特に問題なかった。

開幕戦もこの調子で勝ってほしい。

 

安楽

代わった6回にヒット&四球からのタイムリーで1失点

この回は気持ちが空回りしているように感じた。

その後7回、8回は落ち着いて投球し、無安打に抑えた。

このピッチングであれば、先発も任せられそう。

今シーズン、まずはロングリリーフで登板し、不調な先発投手がいれば交代で先発ローテに入ってくるのでは。

 

松井

エラーやヒットで一だサヨナラのピンチになったが、最後はしっかり抑えた。

この試合のピッチングは少し危うかったが、抑えは松井で確定

 

内田

練習試合やオープン戦で絶不調だったが、この試合では3打数2安打1打点と結果を残した。

内田は一塁、三塁の貴重なバックアッパー。

このまま調子を上げてくればいいが。

 

オコエ

3回の第1打席でソロホームランを放った。

最近不調だったが、この試合から復活か?と思ったが、その後2打席凡退…。

調子が戻るまでもう少しといったところかな。

 

田中

ケガから復帰後、7打数無安打

ちょっと気になる。

 

島内

3打数無安打…。

ここまで調子が良かったが、この試合はノーヒット。

でも島内は心配ないでしょ。

 

藤田

4打数無安打…。

 

 

スポンサーリンク

最後に

この試合で目立ったのは、

岸は安定感抜群

ということ。

コントロールも良く、連打を許さない。

則本が離脱している中で、岸がどれだけ貯金できるかが今シーズンのキーになる。

 

気になるのは、打線に迫力がなくなってきたこと。

2回以外は打線がうまくつながらない。

楽天はそこまで強力打線というわけではないので、しっかりとつなぐ意識が重要。

 

オープン戦残り2試合。

この残り少ない実戦で、どのように修正してくるかが重要だ。

 

 

 

 

2月1日から新商品発売!!

楽天グッズの購入はコチラからどうぞ。


楽天イーグルスオンラインショップ

 

 

 

ブログ村のランキングに参加中
目指せ1位!!

皆さんクリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク