楽天-ロッテ6回戦!楽天の問題はココ!茂木、浅村が好調でも勝てず・・・

2019年4月
チ~ッス
ライト番長です!
うまくいかないな~

 

 

ゴールデンウィーク4日目の今日は

楽天ファンの心と同じ天気…。

昨日、楽天は勝てば首位に返り咲く可能性がある試合。

負ければ3位のチームに並ばれてしまうかも。

勝つのと負けるのでは大違い。

昨日の試合はどうだったのか?

それより連敗は脱出できたのか?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (中) 田中
3 (二) 浅村
4 (左) 島内
5 (三) ウィーラー
6 (一) 銀次
7 (指) ブラッシュ
8 (捕) 足立
9 (右) オコエ

投手 近藤

 

スタメンは前日と同じ。

先発は近藤

前回はソフトバンク戦に登板し、負け投手になっている。

 

 

試合結果

ロッテ
030 010 000 = 4
000 200 000 = 2
楽天

負け投手:近藤(0勝2敗)

近藤、青山、森原、宋家豪、高梨、西宮 – 足立、山下

 

ロッテ戦、結果は2 - 4で負け…

2回表、近藤が3ランホームランを打たれ3点を先制される。

4回裏に楽天は島内のタイムリー2ベースヒットで1点を返す。

さらに銀次のタイムリーヒットで1点追加。

しかし5回にロッテが1点を奪い、リードを広げる。

楽天は追いつくチャンスがあったが、試合はそのまま終了。

これで5連敗…。

 

 

選手レビュー

近藤

4回と0/3を投げて7安打2四死球の4失点。

まずまずの立ち上がりだったが、2回に3失点。

そして5回にも1失点して交代。

ん~、何とも特徴を感じない投手。

 

浅村

3打数3安打の猛打賞

四球も1つ選び、4度の出塁。

打率も上がってき存在感も大きい。

 

茂木

4打数3安打で猛打賞

打率.333まで上がってきて絶好調。

 

田中

5打数無安打。

茂木が出塁してもそれを活かせてない。

 

ブラッシュ

4打数無安打。

しかも3三振

前の試合までは調子が良かったが、この試合ではチームのブレーキになっていた。

 

オコエ

3打数無安打。

ブラッシュと同様に前の試合の好調さを維持できていない。

 

 

最後に

この試合、下位打線の差が結果に出た感じ。

ロッテは8番打者の田村が先制の3ラン。

7番の清田は2安打、9番の藤岡は無安打だったが四球で1度出塁。

それに比べ楽天は、7番ブラッシュ、8番足立、9番オコエが無安打。

そこに代打で出た渡辺直人、山下、藤田も無安打。

この下位打線でチャンスを作って上位打線に回せるチームは強い。

ま、昨日の試合は10安打で2得点という効率の悪さが問題か。

 

これで泥沼の5連敗…。

でも3位の西武、日本ハムの両チームも敗れたため、単独2位をキープ。

とりあえず4月は2位で終えることができた。

これをどう捉えるかは改めてまとめます。

 

それでは今日の名場面!

ホネA:5連敗、お手上げ~。

ホネB:俺たち、ホネだけ~。

 

ま、今の気持ちはそんな感じです(笑)