楽天-ソフトバンク8回戦!銀次が決めた!勝利の2つのポイントとは?

2019年5月
チ~ッス
ライト番長です!
いい朝だね!!

 

 

いや~昨日も素晴らしい試合だった。

早起きしなきゃならなかったけど、余裕で起きた(笑)

いつもはギリギリまで起きないのに…。

そんな昨日の試合。

内容はどうだったのか?

勝利のつながった2つのポイントとは?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (三) 今江
3 (二) 浅村
4 (左) 島内
5 (指) ウィーラー
6 (一) 銀次
7 (右) ブラッシュ
8 (中) 辰己
9 (捕) 石原

投手 古川

 

スタメンをまた少し変更。

2番に今江が入った。

これにはちょっと驚き。

小技や足でチャンスを広げるというより、チャンスを作ったり得点を奪うスタイルだが、それにしてもここに今江って。

そしてキャッチャーには、初スタメンの石原が入った。。

先発は古川

ここまで3試合に登板し0勝1敗。

好投はしているので、そろそろ勝ちが欲しいところ。

 

 

試合結果

ソフトバンク
111 000 000 = 3
020 000 011X = 4
楽天

勝ち投手:松井(1勝1敗8S)

古川、森原、高梨、松井 – 石原、嶋

本塁打
ブラッシュ(9号2ラン)
渡辺直人(1号ソロ)

 

 

ソフトバンク戦、結果は4 - 3でサヨナラ勝ち!!

先制され、ブラッシュの2ランで追いつくも勝ち越されるという苦しい序盤。

1点差のまま終盤に入り、代打・渡辺直人がソロホームランを放ち同点に。

そして9回裏、ランナー1、2塁のチャンスで銀次のタイムリーヒットでサヨナラ。

投打がかみ合い、青ユニでの初勝利!

そして3連勝!!

 

 

選手レビュー

銀次

4打数2安打。

今日の試合のヒーロー。

2回に放ったヒットは、その後のブラッシュのホームランにつながった。

そして9回のサヨナラヒット

このバスターはほんと見事だった。

昨日は5打数5安打、今日も4打数2安打でサヨナラ打と絶好調

 

渡辺直人

8回に代打で出場し、値千金の同点ホームランを放つ。

正直、ホームランを打つなんて全く考えていなかった。

良くてヒットか四球で出塁かなというぐらい。

フルカウントからのあのホームランは事故レベル(笑)

経験からストレートに絞って強振したのだろう。

試合を左右する重要な1発だった。

 

ブラッシュ

2打数1安打1ホームラン。

これで3試合連続のホームランとなった。

球ってあんな簡単に遠くに飛ぶんだな~って思ってしまう(笑)

 

島内

4打数1安打。

9回の先頭打者として放ったヒットは、この試合のポイントの1つ。

先頭バッターが出塁したということで、一気にサヨナラ勝ちの空気が強まり、それが大きな流れになった。

 

今江

4打数1安打。

2番打者として機能していたかは微妙なところ。

 

石原

初スタメンで2打数無安打。

盗塁を刺したところは評価できる。

 

古川

先発し6イニングを投げ、7安打無四球の3失点。

粘りの投球で試合を作った。

しかし今回も勝ち投手にはなれず。

内容は悪くないので、今シーズン初勝利ももうすぐだろう。

 

高梨

1イニングを投げ、無安打無四球1奪三振。

日々、安定感が増してきている。

 

松井

9回の1イニングを投げ、1安打1四球3奪三振。

このピッチングがこの試合のポイントの2つ目。

3者三振というのは、守っている野手も気合が入る。

さらには昨日の試合も9回に高梨が三者連続三振に抑え、その裏にサヨナラ。

同じ流れを感じ、チーム内にサヨナラ勝ちの雰囲気が強くなった。

 

 

最後に

9回裏のサヨナラの場面を少し解説。

ここにはいろいろなドラマが含まれていた。

 

この打席、ノーアウト1、2塁の場面。

ベンチからは送りバントのサイン。

これは、確実にチャンスを広げるための作戦だ。

銀次は初球をバントするが、失敗してしまう。

しかし銀次は、ソフトバンクの連携がうまくいってないことを見ていた。

そして次の球では、ソフトバンクがさらにミスを犯す。

まず、1球外角に外すはずが、投球がストライクゾーンに入ってきた。

そして、サードがバント処理のために前に出てこない。

その状況なのに、ショートが3塁ベースカバーに走る。

ファーストは前進し、セカンドが1塁ベースカバーに動く。
(これは普通のバント処理)

そうなると二遊間はガラ空き

銀次の自己判断でバスターに切り替え、その空いた二遊間にうまくゴロを打つ。

打球はそのまま外野へ。

そしてランナーが本塁に生還しサヨナラ

バスターの打球がもしピッチャーゴロだったら、ダブルプレーになっていただろう。

しかし銀次の技術で、いい場所にうまく打った。

そんな野球の面白さや難しさが詰まった最後の場面でした。

 

それでは今日の名場面!

ホネA:好調なときこそ!

ホネB:油断大敵!!

 

昔、国分町でこんなポリバケツにつまずき、ゴミまみれになったことがあります(笑)

 

楽天は現在2位だが、5位までが2ゲーム差の混戦が続いている。

油断せずに気を引き締めていこう!