楽天-オリックス8回戦!ハーマンが大誤算・・・

2019年5月
チ~ッス
ライト番長です!
なかなかうまくいかない…

 

 

昨日の楽天-オリックス戦。

試合というのはどこで流れが変わるか分からない。

そう思った昨日の試合だった。

内容はどうだったのか?

流れを変えたポイントは?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (中) 辰己
3 (二) 浅村
4 (左) 島内
5 (三) ウィーラー
6 (一) 銀次
7 (指) ブラッシュ
8 (捕) 嶋
9 (右) オコエ

投手 石原

 

スタメンをまた少し変更。

ブラッシュを指名打者にして、9番ライトでオコエが入った。

キャッチャーは

先発は今シーズン2度目の先発となる石橋

前回の先発登板では負け投手となったが、今回はどうか?

 

 

試合結果

楽天
000 000 030 = 3
000 001 05X = 6
オリックス

負け投手:ハーマン(3勝2敗)

石橋、高梨、青山、宋家豪、ハーマン、戸村 – 嶋

 

オリックス戦、結果は3 - 6で敗戦

序盤から中盤にかけては投手戦という展開。

均衡を破ったのはオリックス。

スクイズで1点を奪われる。

楽天は8回、3点を奪い逆転するが、その裏にハーマンが打ち込まれて逆転されてしまう。

そのまま逃げ切られ、オリックスに連敗・・・。

 

 

選手レビュー

石橋

先発し5イニングと2/3を投げ、4安打1四球の1失点。

打たせて取る丁寧なピッチング。

先発投手の役割は果たしていた。

 

ハーマン

0イニングと1/3を投げ、4安打2四球の5失点。

1アウトしか取れずに5失点して降板となった。
(その1つのアウトも送りバントのアウト)

この日は全然ダメ。

ハーマンはたまに大きく崩れるが、この日がそうだった。

オリックスの福田に四球を与えたところが、この試合のポイント。

これで試合の流れが変わり、次の送りバント成功で完全に流れがオリックスに行った。

 

辰己

5打数2安打。

チームで唯一マルチヒットを放った。

 

 

最後に

8回に逆転し、このままいけるかと思ったがそう簡単にはいかない。

流れを相手に渡してしまったのが痛かった。

しかもこれで2連敗。

このまま、またチームが悪い流れにのらないようにしてほしい。

 

勝率も5割、順位も3位。

まだまだこれからだ!!

 

 

それでは今日の名場面!

ホネB:(ひそひそ・・・)

ホネA:何!それはいい作戦だ!!

 

作戦の答えは次回で!