楽天-日本ハム11回戦!茂木の決勝打で首位ソフトバンクに1ゲーム差!!

2019年5月
チ~ッス
ライト番長です!
また勝ったぜ!!

 

 

楽天は昨日勝利し、貯金2となった。

そして首位ソフトバンクとも2ゲーム差と徐々に縮めてきている感じ。

 

そのソフトバンクは、昨年のMLBドラフトで1位指名された19歳の投手を獲得するとかしないとか…。

この投手、昨年ブレーブスから1巡目指名されたものの、契約合意に至らず短大に進学。

今年もドラフトで再指名される可能性があったが、ソフトバンクと契約するかもしれないとのこと。

これは、よう分からん

アメリカのメディアも、ユニークなキャリアの決断だとか、日本でプレーすればMLBへの道は険しくなるとか否定的なものが多い。

どうなるかは本人次第だと思うけどね~。

でも、もし日本に来るとなったら面白いな。

日本のプロ野球の若手投手や高校生投手が見本にできるかどうかは微妙だけど…。

 

さてさて、そんな話題のソフトバンクに追いつきたい楽天は、今日も日本ハム戦。

試合はどうだったのか?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (左) 島内
3 (二) 浅村
4 (三) ウィーラー
5 (一) 銀次
6 (右) ブラッシュ
7 (指) 今江
8 (中) 辰己
9 (捕) 堀内

投手 古川

 

打線は2試合前と同じ。

キャッチャーには堀内が入り9番。

先発は古川

いい加減、そろそろ勝ちたいところ。

 

 

試合結果

楽天
020 111 000 = 5
000 300 000 = 3
日本ハム

勝ち投手:古川(1勝1敗)

古川、青山、ブセニッツ、宋家豪、松井 – 堀内

本塁打
ブラッシュ(13号2ラン)
茂木(5号ソロ)

 

日本ハム戦、結果は5 - 3で勝利!

楽天は2回にブラッシュのホームランで2点を先制。

3回にも1点を追加するが、その裏に日本ハムに追いつかれる。

しかし4回に茂木のソロホームランで楽天が勝ち越す。

さらには5回にも茂木がタイムリーヒットを放ち、リードを2点とする。

日本ハムは一打同点の場面もあったが、楽天投手陣が踏ん張って勝利。

楽天はこれで4連勝となった。

 

 

選手レビュー

古川

先発し5イニングを投げ、3安打6四球の3失点。

5試合目の先発登板で今シーズン初勝利!

しかし内容は良くなかった。

特に、毎回の6四球は問題。

コントロールが定まらず、高めの球を打たれていた。

 

宋家豪

8回の1イニングを投げ、1安打2四球の無失点。

今日の内容は悪かった。

大崩れしそうだったが、何とか土俵際で踏みとどまった感じ。

 

松井

最終回の1イニングを投げ、2安打無四球の無失点。

連打で一打同点、一発出ればサヨナラの場面を作ってしまったが、何とか抑えた。

 

茂木

4打数2安打2打点。

5回の勝ち越しソロホームラン、6回のタイムリーヒットで追加点と、試合を決める仕事をした。

打率も3割復帰。

 

ブラッシュ

4打数2安打2打点。

2回に先制の2ランホームランを放った。

好調をキープしている。

 

堀内

4打数無安打3三振。

最終回には堀内のリードと松井の考えが合わずに、松井が少しイライラするような場面も。

ま、これも勉強だ。

 

 

最後に

今日の勝利で、楽天は4連勝!!

そして首位ソフトバンクと1ゲーム差となった。

いよいよ首位奪還も見えてきた。

 

それでは、今日の名場面!

(前回の続き)

罠にかかって開けた扉の先は?

ホネA:これって…

ホネB:ただの倉庫だよね…

 

何のためのトラップ?(笑)