プロ野球の交流戦が始まる!交流戦っていつから始まった?ルールは?勝敗は?

スポンサーリンク

ルール・知識
チ~ッス
ライト番長です!
今回は交流戦について!

 

 

セ・リーグとパ・リーグのチームが戦う交流戦

普段は見れない他のリーグとの試合ということで、交流戦を楽しみにしているファンも多い。

 

しかし、

交流戦は何試合行う?

独自のルールがある?

など、分かりにくいところもある。

 

そこで今回は、交流戦についてまとめてみました。

この記事を見れば、交流戦がどういう試合になるのかが分かります。

ではどうぞ。

 

 

交流戦とは

交流戦の正式名称は、

日本生命セ・パ交流戦

で、前後に年が入ったりする。

(今年は「日本生命セ・パ交流戦 2019」)

 

その交流戦とは、日本プロ野球のセ・リーグ球団とパ・リーグ球団が、リーグの垣根を超えて対戦する試合のこと。

毎年、5月から6月にかけて行われる。

この交流戦は2005年から始まり、ルールを若干変更しながら毎年実施。

始まった当初は、ホーム&アウェーで各チーム36試合が行われていたが、現在はどちらかのホームで3試合行い、計18試合となっている。

どちらのホームになるかは、毎年交互に試合を行う。

 

また、交流戦の勝敗は各チームの年間成績に含まれる。

2015年にはセ・リーグの上位チームが大きく負け越したため、交流戦終了後にセ・リーグ全球団が勝率5割未満という事態になったことも。
(これは「セ界恐慌」と言われている)

 

2015年から2018年までは、この交流戦に勝ち越したリーグにドラフト会議の優先権が与えられていた。

しかし2019年からは毎年交互に選択することに。

(セ・リーグが交流戦で全然勝ち越せないからという話もあるが…)

 

交流戦優勝チームには、賞金3,000万円が贈られる。

 

試合数は半分になった

 

 

スポンサーリンク

交流戦の独自ルール

交流戦には、独自のルールがいくつか設定されている。

・予告先発制度を採用

・DH制は、パ・リーグ球団の主催試合のみで採用

これ以外は、通常の試合と基本的には同様。

 

意外と簡単だ

 

 

スポンサーリンク

過去の成績

2005年

リーグ成績:パ・リーグ(105勝104敗7分け)

優勝:千葉ロッテマリーンズ

MVP:小林宏之(ロッテ)

 

2006年

リーグ成績:パ・リーグ(108勝107敗1分け)

優勝:千葉ロッテマリーンズ

MVP:小林雅英(ロッテ)

 

2007年

リーグ成績:パ・リーグ(74勝66敗4分け)

優勝:北海道日本ハムファイターズ

MVP:R.グリン(日本ハム)

 

2008年

リーグ成績:パ・リーグ(73勝71敗)

優勝:福岡ソフトバンクホークス

MVP:川崎宗則(ソフトバンク)

 

2009年

リーグ成績:セ・リーグ(70勝67敗7分け)

優勝:福岡ソフトバンクホークス

MVP:杉内俊哉(ソフトバンク)

 

2010年

リーグ成績:パ・リーグ(81勝59敗4分け)

優勝:オリックス・バファローズ

MVP:T-岡田(オリックス)

 

2011年

リーグ成績:パ・リーグ(78勝57敗9分け)

優勝:福岡ソフトバンクホークス

MVP:内川聖一(ソフトバンク)

 

2012年

リーグ成績:パ・リーグ(67勝66敗11分け)

優勝:読売ジャイアンツ

MVP:内海哲也(巨人)

 

2013年

リーグ成績:パ・リーグ(80勝60敗4分け)

優勝:福岡ソフトバンクホークス

MVP:長谷川勇也(ソフトバンク)

 

2014年

リーグ成績:パ・リーグ(71勝70敗3分け)

優勝:読売ジャイアンツ

MVP:亀井善行(巨人)

 

2015年

リーグ成績:パ・リーグ(61勝44敗3分け)

優勝:福岡ソフトバンクホークス

MVP:柳田悠岐(ソフトバンク)

 

2016年

リーグ成績:パ・リーグ(60勝47敗1分け)

優勝:福岡ソフトバンクホークス

MVP:城所龍磨(ソフトバンク)

 

2017年

リーグ成績:パ・リーグ(56勝51敗1分け)

優勝:福岡ソフトバンクホークス

MVP:柳田悠岐(ソフトバンク)

 

2018年

リーグ成績:パ・リーグ(59勝48敗1分け)

優勝:東京ヤクルトスワローズ

MVP:吉田正尚(オリックス)

※ 2018年はヤクルトが交流戦1位になったがパ・リーグが勝ち越したため、MVPはパ1位のオリックスから選出された。

 

パ・リーグ強えぇ…

 

 

スポンサーリンク

最後に

交流戦はこれまで14年行われてきている。

リーグで考えると、パ・リーグが13度勝ち越している。

14年で13回。

そりゃ~ドラフトの優先権にゴネるわ。

 

試合の勝敗も、パ・リーグが

1040勝920敗56分

と大きく勝ち越し。

 

人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグ

と言われてきたが、その通りの結果になっている。

 

パ・リーグが実力通りの強さを見せるのか?

それともセ・リーグがファンの声援に応えるのか?

 

楽しみな交流戦がもうすぐ始まる!!

 

 

 

 

2019シーズン新商品発売中!!
楽天グッズの購入はコチラからどうぞ。

楽天イーグルスオンラインショップ

 

 

ブログ村のランキングに参加中
目指せ1位!!

皆さんクリックお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク