【6/7交流戦】楽天-中日戦!小郷、渡邊が奮起するも投手陣が崩壊・・・

スポンサーリンク

2019年6月
チ~ッス
ライト番長です!
ナゴヤドームのフェンスは高いな~

 

 

楽天は今日から名古屋で中日戦。

名古屋といえば名物が多い。

その中でも個人的には「ひつまぶし」が最高に好き。

何度か名古屋に行ったが、味噌カツでも手羽先でもなく、ひつまぶしばっかり食べている。

 

うなぎだけでもおいしいのに、それをお茶漬けにして食べるなんてヤバイでしょ!!

 

普通に食べてもよし

薬味を混ぜてもよし

お茶漬けにしてもよし

と、味を変えていろいろな食べ方ができるのも素晴らしい。

 

ひつまぶしは、自分の中の好きな食べ物ランキング1位かも、マジで。

それぐらい好き。

 

仙台には「牛タンのひつまぶし」とか、松島の「あなごのひつまぶし」もある。

…ダメじゃないけど、本家には勝てない。

(大阪・天王寺で食べた「牛まぶし」は本家と五分)

 

考えてたらマジで腹減ってきた~。

 

仙台でも『割烹蒲焼 大観楼』でひつまぶしが食べれるそうなので、今度行ってみようかな。

一緒に行きたいという方、募集します!

もちろん女性限定で(笑)

 

試合の話の前にもう1つ。

この試合はセ・リーグ主催試合

ということで、仙台ではTV中継されない

さらに、RakutenTVやパ・リーグTVでも視聴できない

んじゃどうやって見るか?

それを書いた記事がコチラ↓

プロ野球交流戦をネット視聴するにはDAZNがオススメ!その理由は?交流戦を無料で見る裏技も公開!!

 

お待たせしました。

それでは、今日の中日戦について。

あんまり書きたくない試合内容だったけど、書きます(笑)

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (右) 渡邊佳明
3 (二) 浅村
4 (左) 島内
5 (一) 銀次
6 (三) ウィーラー
7 (中) 小郷
8 (捕) 堀内
9 (投) 辛島

この試合はセ・リーグ主催試合なので指名打者がいない。

よって、投手も打席に立つ。

その影響で、ブラッシュがスタメンから外れた。

そして最近不調だったウィーラーが6番に下がり、島内が4番に復帰。

センターには小郷が入った。

メンバー表では辰己がスタメンだったが、試合開始直前に小郷に変更。

何があったのか?

先発は、5勝目を目指す辛島。

 

 

スポンサーリンク

試合結果

楽天
001 000 011 = 3
130 312 21X = 13
中日

負け投手:辛島(4勝3敗)

辛島、西宮、今野、森原 – 堀内、山下、太田

 

中日戦、結果は3 - 13で惨敗…。

3回、渡邊のタイムリーヒットで1点を奪う。

8回には小郷のタイムリー2ベースヒットで1点。

9回には相手のワイルドピッチでもう1点。

と、楽天は3点を奪った。

しかし中日は初回の押し出しを皮切りに、13点も奪われた

楽天は投手陣が崩壊し、10点差という大敗を喫する。

 

 

スポンサーリンク

選手レビュー

辛島

先発し3イニングを投げ、4安打3四球の4失点。

今日の辛島は、初回から明らかにおかしかった。

球にキレがなく、コントロールも悪い。

で、初回から3つの四球を与えて押し出し。

全然腕が振れていなかった。

 

西宮

4回からの2イニングを投げ、3安打4四球の4失点。

辛島からの悪い流れを断ち切れない。

 

今野

6回からの2イニングを投げ、5安打1四球の4失点。

打たれすぎ。

 

森原

8回の1イニングを投げ、1失点。

悪い流れをここまで引きずってしまった感じ。

 

小郷

3打数3安打。

プロ初ヒット、初打点、初猛打賞。

辰己に代わって急遽スタメン出場したが、しっかり結果を残した。

 

渡邊佳明

5打数2安打1打点。

好調。

 

太田

今日一軍に昇格し、途中出場。

打席にも立ち、マスクも被った。

これからだ。

 

 

スポンサーリンク

最後に

今日の試合、途中から捨てたんじゃないかと思う采配だった。

そんな試合も必要かな?

(と、割り切ろう)

 

この試合で楽天は、12本のヒットを放っている。

これは相手の中日と同数。

なのに10点差…。

これには2つの問題があった。

1つ目は、決定力不足

得点圏にランナーを進めても、あと1本が出ない。

この現象は、ここ最近の試合でなんどか起きている。

強いチームは少ないチャンスをものにする。

それが出来ていない。

2つ目は、与四球の差

楽天の四球は2つだけだったが、中日は8つ。

つまり、楽天は安打以外に8人もランナーを出していた。

こんなに多けりゃ失点も多いわ。

もしかして、ナゴヤドームのマウンドが楽天の投手にとっては投げにくいのか?

いろいろ考えてしまう。

 

そして、この試合を欠場した選手の状態が判明した。

辰己:右肘の炎症

ブラッシュ:下半身の張り

嶋:腰の張り

これは心配だ・・・。

重症じゃなきゃいいけど。

 

この敗戦で、楽天は順位を3位に落とした。

4位までが1.5ゲーム差と、また混戦に。

少し抜けたかと思ったんだけどね~。

毎回言っているが、混戦で重要なのは、

連敗しないこと!

次は勝って、何とか踏みとどまりたい。

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:ケガ人が増えてきたな~

ホネB:内田を呼ぶときじゃないっすか!

 

今こそゴリとゴリラの競演を望む!!

(威圧する作戦)

 

 

 

 

2019シーズン新商品発売中!!
楽天グッズの購入はコチラからどうぞ。

楽天イーグルスオンラインショップ

 

 

ブログ村のランキングに参加中
目指せ1位!!

皆さんクリックお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク