【6/9交流戦】楽天-中日戦!美馬が好投!4番はブラッシュに!!

2019年6月
チ~ッス
ライト番長です!
おめでとう銀次!!

 

 

今日は中日との3連戦の最終戦。

今のところ中日とは1勝1敗

交流戦全体で考えると、2勝3敗と負け越している。

今日の試合は勝って、交流戦の成績を五分にしたいところ。

 

ちなみに交流戦首位はソフトバンク。

5勝負けなしってすごい。

ソフトバンクは、楽天に3連敗した後はずっと勝っている。

その結果、パ・リーグ首位に。

交流戦中なのでソフトバンクとの直接対決はないが、セ・リーグのチーム様、ソフトバンク戦になったら頑張ってください!

もちろん楽天戦はお手柔らかに(笑)

 

さてさて、それでは今日の中日戦について。

内容はどうだったのか?

昨日の記事に書いた4番問題はどうなったのか?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (三) 渡邊佳明
3 (二) 浅村
4 (右) ブラッシュ
5 (一) 銀次
6 (中) 辰己
7 (左) 小郷
8 (捕) 堀内
9 (投) 美馬

昨日の記事に書いた、楽天の4番問題。

その記事はコチラ↓

【6/8交流戦】楽天-中日戦!岸-ブセニッツ-松井の鉄板リレー!

下半身の張りの影響で休んでいたブラッシュが復帰し、シーズン初の4番に。

このブラッシュ4番は一応想定内。

本来、ブラッシュは4番打者タイプ。

逆に7番にいたことは、相手にとって怖かっただろう。

気負いせず、今まで通りのバッティングをしてもらえればいい。

そして銀次もスタメンに復帰し、今江ウィーラーが外れた。

この試合のスタメンマスクは堀内

先発は5勝目を目指す美馬

 

 

試合結果

楽天
003 020 000 = 5
000 010 100 = 2
中日

勝ち投手:美馬(5勝3敗)

セーブ:松井(1勝2敗19S)

美馬、宋家豪、高梨、ブセニッツ、松井 – 堀内

 

中日戦、結果は5 - 2で勝利!

3回、浅村の内野安打悪送球で楽天が2点を先制!

続くブラッシュもタイムリー2ベースヒットを放ち、1点追加。

4回、中日に1点を返されるも、5回に銀次のタイムリーヒットで突き放す。

そして辰己が押し出しの四球を選び、さらに1点追加。

その後は中日の反撃を1点に抑え、楽天が勝利。

 

 

選手レビュー

美馬

先発し6イニングを投げ、6安打1四球の1失点。

三振も7つ奪った。

コントロールも良く、変化球も良かった。

打っては3回の先制につながる、チーム初ヒットを放った。

 

ブセニッツ

8回の1イニングを投げ、無安打1四球の無失点。

先頭打者への四球は良くないが、しっかり修正できていた。

 

松井

最終回を投げ、無安打無四球の無失点。

安定している。

 

銀次

4打数2安打1打点。

5回に放ったタイムリーヒットで、1000本安打達成!

 

ブラッシュ

3打数1安打1打点。

シーズン初の4番だったが、勝負強さを見せた。

結果も残し、合格。

 

 

最後に

今日の勝利で交流戦の勝率が5割になった。

そしてソフトバンクと日本ハムが敗れたため、ソフトバンクに並んでパ・リーグ首位!

よしよし、この調子だ。

 

負けても連敗せず、勝ったら連勝する。

これ大事。

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:ブセニッツ&松井の勝利の方程式

ホネB:最高やん

 

急に関西弁で決め台詞言う人、いるよね~(笑)

 

でもブセニッツと松井がいれば、8回以降は安泰だ!