【6/11交流戦】楽天-ヤクルト戦!塩見の安定感がハンパない!浅村&ブラッシュも好調!!

2019年6月
チ~ッス
ライト番長です!
今日からヤクルト戦だ!

 

 

プロ野球は現在、交流戦の真っ只中。

楽天は、全18試合のうち6試合が終わった時点で、3勝3敗の勝率5割

貯金を増やせるか、借金を増やしてしまうか、これからが重要だ。

過去には、交流戦から失速したチームも結構あった。

逆に調子を上げたチームも。

マジで大事なんっすよ、交流戦って!

 

さてさて、そんな昨日のヤクルト戦

内容はどうだったのか?

この選手があの選手に近づいてきた…?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (左) 島内
3 (二) 浅村
4 (指) ブラッシュ
5 (一) 銀次
6 (三) ウィーラー
7 (右) 渡邊佳明
8 (中) 辰己
9 (捕) 堀内

投手 塩見

 

この試合は楽天主催試合なので指名打者制。

その指名打者にはブラッシュが4番で入った。

前の試合ではスタメンを外れていた島内ウィーラーも復帰。

絶不調だったウィーラーは、どれだけ調子が上がったか?

先発は、今シーズン4試合目の登板となる塩見

 

 

試合結果

ヤクルト
000 001 000 = 1
002 010 00X = 3
楽天

勝ち投手:塩見(3勝0敗)

セーブ:松井(1勝2敗20S)

塩見、ブセニッツ、松井 – 堀内

 

ヤクルト戦、結果は3 - 1で勝利!

3回、ブラッシュのタイムリーヒットで楽天が2点を先制。

5回には浅村のタイムリーヒットで1点追加。

先発の塩見はソロホームランで1点を失うが、失点はそれのみ。

8回からはブセニッツ、最終回は松井とつないで楽天が勝利。

これで楽天は3連勝!!

 

 

選手レビュー

ブラッシュ

3打数2安打2打点。

3回に放った先制タイムリーはさすが。

4番に座ってからも好調をキープしている。

 

浅村

4打数3安打1打点の猛打賞

相手にとって脅威となっていた。

 

茂木

4打数2安打。

先頭バッターとしてチャンスメイクの役割を果たしている。

 

ウィーラー

4打数無安打

チャンスの場面で打順がまわってくるが、結果を出せなかった。

ん~、少し休養が必要かな。

代打で使って、結果が出るまで休ませるのがいいのでは。

 

塩見

先発し7イニングを投げ、5安打1四球の1失点。

三振も5つ奪った。

今シーズンの塩見は安定感があり、大崩れしない。

岸に匹敵するのでは?

それぐらいの投手になってきた。

 

ブセニッツ

8回の1イニングを投げ、1安打2四死球の無失点。

満塁にしてしまい、危ね~って感じだった。

 

松井

最終回を投げ、無安打無四球の無失点。

安定している。

 

 

最後に

オコエが登録抹消になり、代わりに島井が昇格した。

オコエは一軍で結果が出せなかったので、これはしょうがない。

で、代わりが島井っすか?

 

まず言っとくと、島井は全然悪くない(笑)

何が引っかかってるかというと、

福島で試合

ってこと。

だったら内田卓丸を昇格させてほしかった。

先日、楽天所属選手の出身地をまとめた。

その記事はコチラ↓

楽天選手の出身地はどこ?東北&宮城県出身は何人?都道府県別&地方別に集計してみた!

内田靖人、卓丸、西巻賢二、松本京志郎の4人が福島県出身。

全員とは言わないが、1人でいいから一軍に昇格させて、試合に出してほしかったな~。

そうすればもっと盛り上がったのに…。

という、超個人的な思いでした。

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:塩見が覚醒した理由は~

ホネB:このホネ牛乳を飲んだから!

 

・・・ハイハイ。

 

でも塩見には今後も期待できそうだ!