【6/23交流戦】楽天-DeNA戦!岸が好投するも打線がかみ合わず・・・

2019年6月
チ~ッス
ライト番長です!
上茶谷にやられた・・・

 

 

楽天は横浜スタジアムでDeNA戦。

DeNAとは1勝1敗でカード勝ち越しが掛かる大事な試合。

勝ち越して、気持ちよく仙台に帰りたいところ。

 

そして残念なニュースも入ってきた。

渡辺直人が右足首痛で、出場選手登録抹消された。

2月末の台湾遠征中に右足首を脱臼し、21日のDeNA戦で再び痛めたようだ。

おそらくまた脱臼だろう…。

専門医の診察を受けて、手術を行う可能性もあるとのこと。

元々、右足首に脱臼癖があった。

今後の事を考えると、手術をした方がいいかもしれない。

ただ、手術となると長期離脱になる。

チームのまとめ役だった渡辺直人が抜けるのは痛いが、しっかり治してほしい。

 

さてさて、それでは昨日の試合について。

内容はどうだったのか?

1人の選手にやられた?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (左) 島内
3 (二) 浅村
4 (右) ブラッシュ
5 (一) 銀次
6 (三) ウィーラー
7 (中) 辰己
8 (捕) 太田
9 (投) 岸

投手 岸

1番から8番まではいつものメンバー。

先発は

しっかり勝ち切ってほしい。

 

 

試合結果

楽天
000 000 000 = 0
000 200 10X = 3
DeNA

負け投手:岸(2勝2敗)

岸、久保 – 太田

 

DeNA戦、結果は0 - 3で完封負け…

DeNAは4回に2点7回に1点を挙げる。

楽天はチャンスを作るが、DeNAの先発・上茶谷の前にあと1本が出ない。

その後、継投で逃げ切られ、結局無得点の完封負けに終わった。

 

 

選手レビュー

先発し6イニングを投げ、5安打4四死球の2失点。

微妙なコントロールが悪く、いつもより四死球が多かった。

特に4回の満塁の場面では、いくら相手が投手でも甘すぎ。

6イニングで2失点というのは決して悪くはないが、岸にはもっと上の内容を期待してしまう。

 

浅村

3打数3安打の猛打賞

チャンスを作った。

 

ウィーラー

3打数無安打

なかなか調子が上がってこない。

 

 

最後に

DeNAに敗れたが、とりあえずパ・リーグの首位をキープ。

それにしても、この試合はDeNAの先発・上茶谷にやられた試合。

ギリギリのところで抑えられ、さらには先制打も。

これは悔しい…。

 

それにしても、岸が登板すると打線が沈黙することが多いよね。

それはなぜか。

自分なりに考えてみた。

岸が投げるとみんな安心して気が抜けている?

相手投手が岸に負けじと気合が入る?

いろいろあると思うが、ズバリ、

勝って当たり前というプレッシャー

じゃないかな。

そのため、野手も少し固くなっていると思う。

たぶんそうだ。

 

次の試合は、楽天生命パークで広島との振替試合。

この試合向けにお得なチケットが販売されています。

それについて書いた記事はコチラ↓

交流戦最後のお得情報!特典がこんなに?広島との最終戦は楽天生命パーク宮城で観戦だ!!

スーパー花金2000チケットは昨日で販売終了になったが、内野席は安く販売されています。

天気が心配だけど、交流戦の最後の試合をみんなで応援に行きましょう!

(俺は行きます!!)

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:岸が投げるときは俺が打ってやる!

ホネB:おーいけいけー

 

文字からも分かる適当な相槌(笑)