【7/7楽天-日本ハム戦】下水流が奮起!菅原のピッチングで残念な点とは?

2019年7月
チ~ッス
ライト番長です!
Bクラスに転落だよ…

 

 

まずは前向きな話から(笑)

古川投手と巨人の和田外野手のトレードが発表されました。

このトレードに関する詳細記事はコチラ↓

楽天・古川と巨人・和田のトレード成立!両選手の成績は?影響を受けるのはどの選手?

和田選手は強打が自慢の選手。

23歳とまだ若い。

というか、内田と同い年。

切磋琢磨してチームに貢献してほしい。

そして古川投手。

今後を期待されていたが、巨人で頑張ってください!

強気な性格は巨人向きかも。

 

さてさて、それでは暗い話…じゃなかった、試合の話。

内容はどうだったのか?

あの選手が奮起?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (一) 銀次
3 (指) ブラッシュ
4 (二) 浅村
5 (中) 下水流
6 (左) 島内
7 (三) ウィーラー
8 (捕) 山下
9 (右) 渡邊佳明

投手 菅原

 

スタメンを若干変更。

下水流がセンターに入り、辰己がベンチ。

ライトには渡邊佳明が入った。

キャッチャーは山下

先発は今シーズン初勝利を目指す菅原

 

 

試合結果

日本ハム
200 111 010 = 6
012 000 000 = 3
楽天

負け投手:菅原(0勝2敗)

菅原、青山、ブセニッツ、久保、高梨 – 山下、堀内

 

日本ハム戦、結果は3 - 6で負け…

初回、日本ハムに2点を奪われる。

楽天はその裏、島内のタイムリーヒットで1点を返す。

そして3回、ブラッシュのタイムリーヒットで同点に追いつく。

さらに下水流のタイムリーヒットで楽天が逆転する。

しかし4回に同点に追いつかれる

5回には犠牲フライで1点を奪われ、勝ち越される。

6回、8回に追加点を奪われ、リードを広げられてしまう。

試合はそのまま終了し、楽天はまた今日も敗れた。

 

 

選手レビュー

菅原

先発し5イニングを投げ、6安打3四死球の4失点。

2回以外のすべての回で、先頭打者を出塁させた。

これが良くなかった。

特に、楽天がリードした後の4回表。

リードしてもらった次の回で先頭打者にヒットを打たれ、そのまま失点。

打者が逆転してくれた次の回で、先頭打者を出しちゃいけない。

チームの勢いが消えてしまう。

球も、良い球と悪い球の差が大きかった。

急に悪い球を投げて連打されたりと安定感もない。

先発として、この内容では不安だ。

 

下水流

4打数2安打1打点。

この試合で初安打&初打点をマーク。

初回のボテボテのあたりで、一塁にヘッドスライディング。

さらには送球が逸れたのを見て、二塁へ。

その後、島内のヒットで生還。

3回には初打点も記録。

ヘッドスライディングには賛否両論あるが、加入したての選手がこれほど奮起する姿を目にし、今日は勝てるかもと思った。
(結局負けたけど…)

 

茂木

4打数2安打。

好調をキープしている。

 

浅村

4打数無安打

4番になってから、10打数無安打

早く3番に戻したほうがいい。

それよりも一度休ませたほうがいいかも。

守備での動きも悪かった。

 

 

最後に

今日も敗れ、これで9連敗。

順位も4位となりBクラスに。

 

この試合はミスも多かった。

初回には茂木と島内&下水流の連携が悪くフライを取れず。

5回には山下が盗塁を刺すどころか悪送球でさらに進塁させたり。

このような草野球レベルのことをしていたら勝てません…。

最低でもそこはちゃんとやりましょう。

 

ヤバイ、負けるのが当たり前過ぎて優しい気持ちになってきた…。

を通り過ぎたのかも(笑)

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:貯金もあとわずか…

ホネB:俺と同じだ…

 

ホームレスガイコツの誕生か!?

(実際にいたらコワイ…)