【怪我(ケガ)情報】楽天イーグルス 長期欠場(渡辺、今江、福山、高梨)

チーム情報全般
チ~ッス
ライト番長です!
今回はあまり嬉しくない話…

 

 

今年の楽天イーグルスでは、若手の活躍新加入選手の奮起など明るい話が多い。

その一方で、ケガなどによって長期離脱となった選手もいる。

今回は、それらの選手の情報をまとめてみました。

ではどうぞ。

 

 

渡辺直人

右足首脱臼のため6月22日に登録抹消された渡辺直人。

その後球団から、7月5日に東京都内の病院で

右足首の習慣性腓骨筋腱脱臼に対する仮性嚢閉鎖術

を受けたと発表された。

復帰までは約4ヶ月の見込み。

 

今シーズン、渡辺は主に代打として出場していた。

記憶に残っているのが、5月9日のソフトバンク戦

1点を追う8回に代打で登場し、レフトポール際に同点ホームランを放った。

その後チームは逆転し勝利。

貴重な一本だった。

 

それと、渡辺はチームのムードメーカー。

ベテランの的確なアドバイスが、若手の多い今の楽天には重要だった。

その渡辺が出場登録を抹消された翌日から、楽天の10連敗が始まっている。

もし渡辺がベンチにいれば、結果は変わっていたかもしれない。

 

復帰までは4ヶ月ということで、今シーズン中の復帰は絶望。

来シーズンに備えて、しっかりリハビリをしてほしい。

 

 

今江年晶

右目の違和感を訴え、7月4日に登録抹消された今江。

7月5日に検査を行った結果、

右眼の中心性漿液性脈絡網膜症

と診断された。

復帰時期は未定。

 

今江は今年のキャンプイン直前に、同じ症状で離脱。

それに関する記事はコチラ↓

 

症状が落ち着いた後は、スロー調整を行って5月4日に一軍昇格。

スタメン出場することもあったが、また発症してしまった。

 

今後は激しい運動は厳禁ということで、一度運動をストップ。

その後、全身のコンディションを整え、一軍復帰を目指していく。

ベテランの勝負強いバッティングが魅力だった。

無理せず焦らずじっくりと調整してください。

 

 

福山博之

開幕一軍スタートし、4月29日に登録抹消されてからは二軍で調整中だった福山。

その福山が、7月4日に神奈川県内の病院で、

右肘鏡視下クリーニング手術

右肩鏡視下クリーニング手術

の手術を行った。

復帰までは、6ヶ月~8ヶ月の見込み。

 

肘と肩のダブル…。

おそらく、長年酷使してきた影響もあるだろう。

今シーズンは絶望で、来シーズンのキャンプにも間に合わなさそう。

じっくり治してもらうしかない。

 

 

高梨雄平

7月9日に出場選手登録を抹消された高梨。

その前日の7月8日、仙台市内の病院で

急性虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術

を受けたと発表された。

復帰までは3週間~4週間程度。

まずは休養し、その後調整していく。

 

高梨は、俗に言う「盲腸」。

復帰までそれほどかからないが、それでも1ヶ月近くは離脱するだろう。

手術後は、体調と相談しながら調整を行っていくようになる。

早期復帰を待ってます!

 

 

最後に

楽天は10連敗やら主力選手の離脱やら、あまり良くない状況が続いている。

でも、今のうちに悪いものを出し切って、夏以降に失速することが無いようになればいいかな。

 

それにしても、渡辺&今江のベテランの離脱は結構影響がある。

というか、もうすでに影響があった…。

 

ケガしたことはしょうがない。

それを乗り越えて、人間的にも強くなることを期待しています。

 

 

ホネA:ケガから復帰すればパワーアップするぜ!

ホネB:そう!俺たちはサイヤ人!

 

いやいや、みんな普通の人間でしょ(笑)

ドラゴンボールの見すぎだ…。