【7/21楽天-ソフトバンクス戦】楽天の連勝ストップ・・・、和田が楽天初出場!

2019年7月
チ~ッス
ライト番長です!
ん~難しいな~

 

 

今日はソフトバンクとの3連戦の最終日。

ここまで2勝しているので、その勢いで3タテといきたいところ。

 

そのソフトバンクは首位だが、現在6連敗中。

一時は首位を独走しかけたソフトバンク。

でも2位と2ゲーム差まで縮まってきた。

3位の楽天とも4ゲーム差。

ここで一気に差を詰めたい。

 

そんな状況で迎えた今日の試合。

内容はどうだったのか?

あの選手が初出場?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (左) 島内
3 (指) 浅村
4 (右) ブラッシュ
5 (二) 銀次
6 (一) 和田
9 (三) ウィーラー
8 (中) 下水流
7 (捕) 堀内

投手 石橋

 

先日巨人からトレードで移籍してきた和田が今日一軍登録されて即スタメン。

その和田はファーストを守り、銀次がセカンドに。

この試合もセンターは下水流

先発は、5勝目を目指す石橋

 

 

試合結果

ソフトバンク
010 002 001 = 4
010 010 000 = 2
楽天

負け投手:石橋(4勝5敗)

石橋、久保、ブセニッツ、青山 – 堀内

 

ソフトバンク戦、結果は2 - 4で負け…

2回、ソフトバンクに先制される。

その裏、楽天はウィーラーのタイムリー2ベースヒットで同点に追いつく。

そして5回、茂木のタイムリーヒットで勝ち越す。

しかし6回に2ランホームランを浴び逆転される…。

ソフトバンクは9回にも1点を追加

そのまま試合は終了し、楽天は敗れた。

 

 

選手レビュー

石橋

先発し6イニングを投げ、4安打無四球の3失点。

失点は、ソロと2ランのホームラン。

どちらも失投を打たれた。

微妙にコントロールは悪かったが、結果的に無四球。

楽天が勝ち越した次の回に逆転されるのは良くない。

そのあたりが修正点。

 

ウィーラー

4打数2安打の1打点。

この試合でチーム唯一のマルチヒットを記録。

ただ、後半の打席では2連続三振。

復活にはもう少しかな…。

 

浅村

4打数無安打。

7回の1アウト満塁のチャンスで併殺打

犠牲フライでも同点に追いつく場面だったが、最悪の結果に。

ここがこの試合のポイントだった。

そこで試合を決められなかった浅村。

ん~残念…。

 

和田

4打数1安打。

楽天移籍後、初出場。

二軍で結果を出し、一軍昇格した。

でもこの試合はかなり緊張していたっぽい。

今後に期待。

 

 

最後に

楽天は敗れ4位の西武が勝ったため、順位は4位に転落

連敗せずに何とか踏みとどまりたい。

 

この試合で和田が移籍後初出場。

長打力のある若手選手で、今後に期待できる。

和田選手についてはコチラをどうぞ↓

楽天・古川と巨人・和田のトレード成立!両選手の成績は?影響を受けるのはどの選手?

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:和田は二軍で打率4割越えだったらしいぜ!

ホネB:でも二軍の帝王という噂も…

 

あれ?内田&岩見はどうした!?

この2人も二軍の帝王候補…。