【7/31楽天-日本ハム戦】和田恋が4番に!楽天のエース・則本は何が悪かった?

2019年7月
チ~ッス
ライト番長です!
Bクラスの空気を感じる…

 

 

今日は7月31日

支配下選手登録の締め切り日

詳しくは別記事にまとめました。

【支配下登録選手】楽天の2019シーズンの支配下選手が決定!滑り込みで入ったのは誰だ?

↑ここに書いた通り、楽天の今シーズンの支配下登録選手70名が決定した。

 

ま、何と言っても由規でしょ。

イースタンリーグ7試合に登板して、

1勝0敗1セーブ
12イニングで14奪三振
自責点0の防御率0.00

という文句のない成績で支配下選手登録。

(昨日の登板では、2回2/で3失点したのはご愛敬)

 

東北のファンは、由規が活躍してくれることを望んでいます!

 

さてさて、それでは今日の試合について。

内容はどうだったのか?

エースは何が悪かった?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (三) 山崎
3 (二) 浅村
4 (左) 和田
5 (一) 銀次
6 (中) 下水流
7 (指) ウィーラー
8 (右) 渡邊佳明
9 (捕) 堀内

投手 則本

 

スタメンを大幅に変更。

9人中4人が今シーズンから加入した選手。

4番には和田が入った。

欠場が噂されていた浅村もスタメン。

先発は、今シーズン3勝目を目指す則本

 

 

試合結果

楽天
100 000 200 = 3
100 000 30X = 4
日本ハム

負け投手:則本(2勝2敗)

則本昂、ハーマン、ブセニッツ – 堀内

本塁打
浅村(22号ソロ)

 

日本ハム戦、結果は3 - 4で負け…

初回、楽天は浅村のソロホームランで先制する。

しかしその裏、1点を奪われ同点に。

7回、渡邊佳明のタイムリー3ベースヒットで楽天が勝ち越す。

続く堀内がスクイズを決め、リードを広げる。

しかしその裏、日本ハムに2点を奪われ同点に。

さらに1点を奪われ、逆転される。

最終回に楽天は粘りを見せるが、得点を奪えず試合終了。

楽天は連勝とはならなかった。

 

 

選手レビュー

則本

先発し6イニングと1/3を投げ、7安打1四球の4失点。

114球を投げ、6奪三振。

今日の則本の球はキレがない。

序盤はなんとか凌いで中盤に復活したかと思ったが、7回に崩れた。

そして問題は、味方が得点した直後に失点していること。

初回と7回の得点後に失点。

これは良くない

せっかくの流れを切ってしまっている。

7回の3連打がほんと悔やまれるよ…。

 

浅村

3打数1安打の1打点。

初回の右方向へのホームランは、これぞ浅村!といった感じ。

 

和田

4打数無安打。

4番に入ったが結果を残せず。

見ていて感じたのが、自分のスイングが出来ていないな~ということ。

緊張してフワフワした感じだったのかも。

ん~、その壁を越えてくれ!!

 

渡邊佳明

4打数2安打の1打点。

マルチヒットを放った。

持ち前の旨さを発揮してきている。

 

 

最後に

なかなか連勝できない楽天。

3位の西武との差は1.5ゲームに広がった。

 

今の楽天には、嫌な空気を感じる。

それは、Bクラスの空気

 

なんか、

定位置に帰ってきました

というか、

首位だった時期もあったな~

という感じがしてしまう。

自分だけの勘違いならいい。

でも、そんな空気を感じてしまうんだよな~。

 

なんとかAクラスに復帰して、嫌な空気を吹き飛ばせ!!

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:あんなところにボールが挟まるなんて…

ホネB:マジ奇跡…

 

こんな奇跡はいらない!!

 

この隙間にダイレクトで挟まるか、普通?(笑)