【8/1楽天-日本ハム戦】茂木&浅村が好調!相手も驚く楽天の作成とは?

2019年8月
チ~ッス
ライト番長です!
よしよし、この調子だ!!

 

 

梅雨が明けてから、仙台も連日30度を超える日が続いています。

皆さんは夏バテしていませんか?

そんな暑さの中、気になるのがブラッシュについて。

どうやら全身の疲労感で欠場と、夏バテっぽい。

スタメンから外れていたが、昨日の試合ではついにベンチ外。

 

平石監督によると、

表情を見ている限りだと、もうちょっと。

(イマイチではなく)イマサンぐらい。

らしい。

復帰までもう少しかかりそう…。

 

確かに日本の夏の蒸し暑さは辛い。

でも、そこまで具合が悪くなるかね?とも思う。

他の選手は元気にやってるわけだし。

何か他の問題じゃなければいいなと心配になるよ。

 

それでは昨日の日本ハム戦。

内容はどうだったのか?

楽天が日本ハムの作戦をパクった?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (三) 山崎
3 (二) 浅村
4 (左) 島内
5 (一) 銀次
6 (右) 渡邊佳明
7 (指) ウィーラー
8 (捕) 太田
9 (中) 辰己

投手 釜田

 

スタメンを少し変更。

前の試合で4番だった和田は、この試合はベンチスタート。

そして4番にはケガから復帰の島内が入った。

センターに辰己

キャッチャーは太田

先発は、今シーズン2勝目を目指す釜田

 

 

試合結果

楽天
101 000 001 = 3
100 000 000 = 1
日本ハム

勝ち投手:辛島(7勝5敗)

セーブ:松井(1勝5敗28S)

釜田、辛島、ハーマン、森原、松井 – 太田

本塁打
浅村(23号ソロ)

 

日本ハム戦、結果は3 - 1で勝利!

初回、楽天は浅村のタイムリーヒットで1点先制。

しかしその裏、日本ハムに同点に追いつかれる。

3回、茂木のタイムリーヒットで1点を勝ち越す。

9回には浅村のソロホームランで1点を追加。

試合はそのまま終了し、楽天が勝利した。

 

 

選手レビュー

釜田

先発し3イニングを投げ、2安打2四球の1失点。

初回に暴投で失点し、少し不運なところもあった。

それ以降はしっかり抑え、投球内容も問題ない。

3回で降板は、予定通りだったもかも。

 

辛島

4回からの3イニングを投げ、3安打3四球の無失点。

この試合の勝ち投手になった。

今までは先発として登板していたが、この試合では2番手として登板。

難しい部分もあったはずだが見事に無失点に抑えた。

 

茂木

4打数3安打の猛打賞

1打点でそれが決勝点となった。

茂木は好調をずっとキープしている。

 

浅村

4打数2安打の2打点。

夏場にホームランを量産中

 

ウィーラー

3打数無安打3三振

ここ3試合で10打数1安打と不調から抜け出せない。

休ませてもいいのでは?

 

 

最後に

勝利した楽天は、3位西武と0.5ゲーム差に迫った。

連勝して一気にAクラス入りしたいところ。

 

で、昨日の試合、先発の釜田が3回まで投げその後辛島が登板。

これは日本ハムが得意の

ショートスターター

やん。

作戦をパクったな(笑)

しかもそれを日本ハム戦で敢行し、勝利するとは。

やるな~平石監督!

 

なかなか調子が上がらないチームにとって、このような新しい取り組みはいいかも。

 

それと、この試合では辛島勝利投手に。

先発の釜田と辛島は、それぞれ3イニングを投げた。

そして釜田が投げている時に楽天は勝ち越し、そのままリードして試合終了。

そう考えると、釜田が勝利投手じゃないの?と思える。

でも、辛島が勝利投手ってどういうこと??

 

辛島が勝ち投手になった理由は、

釜田は先発して5回以上投げてないので勝ち投手の権利はない。

それ以降に効果的な投球をした辛島が勝ち投手。

ということになる。

ん~野球のルールって複雑だ…。

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:日本ハムの作戦をパクるとは…、ん?

ホネB:俺のダンスをパクってもいいぜ~

 

誰もパクらんよ(笑)