【8/11楽天-オリックス戦】石橋が5勝目!楽天の今後に期待できる2つのポイントがあった?

スポンサーリンク

2019シーズン
チ~ッス
ライト番長です!
よし、この調子だ!!

 

 

昨日のオリックス戦は、見どころの多い試合でした。

こういう試合を続けていれば、上位をキープできるんじゃないかな。

 

 

ではその試合について。

内容はどうだったのか?

今後に期待できるポイントとは?

ではどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (左) 島内
3 (二) 浅村
4 (指) ウィーラー
5 (一) 銀次
6 (右) 和田
7 (三) 渡邊佳明
8 (中) 田中
9 (捕) 堀内

投手 石橋

 

スタメンを少し変更。

ブラッシュがスタメンから外れ、ウィーラーが4番指名打者に。

サードには渡邊佳明が入った。

キャッチャーは堀内

先発は、5勝目を目指す石橋

 

 

スポンサーリンク

試合結果

オリックス
000 002 000 = 2
000 205 01X = 8
楽天

勝ち投手:石橋(5勝6敗)

石橋、ブセニッツ、森原、辛島 – 堀内、嶋

本塁打
茂木(11号満塁)
和田(1号ソロ)

 

オリックス戦、結果は8 - 2で勝利!

序盤は投手戦でスタート。

先制したのは楽天。

4回にウィーラーの内野安打で1点を奪う。

さらに渡邊佳明のタイムリーヒットで1点追加。

しかし6回、オリックスに2点を奪われ同点とされる。

楽天はその裏、この日2本目となる渡邊佳明のタイムリーヒットで1点勝ち越す。

そして茂木が満塁ホームランを放ち、リードを広げる。

8回には和田がソロホームランを放ち、1点を追加。

楽天投手陣は継投でオリックス打線を2点に抑え、勝利。

 

 

スポンサーリンク

選手レビュー

石橋

先発し6イニングを投げ、4安打1四球の2失点。

前回登板した8月4日のロッテ戦では8失点と試合を作れなかったが、この試合は好投した。

ホームランで失点したが、変化球が真ん中に入った失投。

それ以外は危なげなく6月以来の5勝目を挙げた。

 

ウィーラー

4打数3安打1打点の猛打賞

先制となったショートへの内野安打は、手を抜かずよく走った。

続く銀次のライト前ヒットでも3塁まで好走塁。

そして6回には盗塁も記録。

不調のトンネルから抜け出したか?

 

茂木

5打数2安打の4打点。

6回には満塁ホームランを放った。

追い込まれてからあのホームランは見事。

 

和田

3打数2安打の1打点。

8回にはプロ初となるソロホームランを放った。

やっとホームランが出たという感じ。

一軍での試合にも、精神的に慣れてきたようだ。

 

渡邊佳明

4打数2安打の2打点。

ほんとチャンスに強い

得点圏打率は.552と驚異的な数字。

この試合でも、6回に決勝打を放った。

 

 

スポンサーリンク

最後に

オリックスに勝利した楽天は、日本ハムと並んで3位タイに浮上。

2位の西武とは0.5ゲーム差と接近している。

さらに上を目指すには、連勝することが大事!

今日も勝って連勝をスタートさせたい。

 

この試合で、楽天が期待できると思える点が2つあった。

1つ目はウィーラーの復調

この試合で猛打賞を記録し、さらには好走塁もあった。

表情も晴れやかで、調子が上がってきたことを自分でも感じていそう。

今日の試合でもマルチヒットを放てば、完全復活と言える。

 

2つ目は和田のホームラン

巨人時代のニックネームは「二軍の帝王

2軍では2冠王に輝いたが、1軍ではまったく結果を出せず…。

そして7月7日に古川投手とのトレードで楽天に入団。

初めは2軍スタートだったが、平石監督に打力を評価され、今は1軍に定着。

そして昨日の試合で初ホームランを放った。

この1本で、さらに伸びそうな感じ。

和田は、将来のクリーンナップ候補として期待されている。

頑張れレンちゃん!!

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:楽天いい感じ、カッカッカ…

ホネB:アゴをカクカクさせるの上手いっすね!

 

そんな特技は要らん(笑)

 

 

 

 

2019シーズン新商品発売中!!
楽天グッズの購入はコチラからどうぞ。

楽天イーグルスオンラインショップ

 

 

ブログ村のランキングに参加中
目指せ1位!!

皆さんクリックお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク