【8/23楽天-西武戦】弓削は7失点でエース奪取に失敗・・・平石監督が退場寸前の猛抗議も悪いのはあの人?

2019年8月
チ~ッス
ライト番長です!
平石監督もストレス溜まってるのかな~

 

楽天は昨日ロッテとの延長戦に勝利し、いい感じで西武戦を迎えられたはず。

さらに2位の西武とは1.5ゲーム差。

気合が入らないわけがない。

打ち合い、打撃戦、ノーガード、何でも来い!

そんな気持ちで迎えた今日の西武戦。

内容はどうだったのか?

楽天は根性見せたのか?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (遊) 茂木
2 (左) 島内
3 (二) 浅村
4 (指) ブラッシュ
5 (三) 銀次
6 (右) 渡邊佳明
7 (一) 和田
8 (中) 田中
9 (捕) 太田

投手 弓削

スタメンは前の試合から少し変更。

ライトに渡邊佳明が入って6番。

キャッチャーは太田

先発は、新エース候補の弓削

 

 

試合結果

楽天
003 120 000 = 6
301 300 10X = 8
西武

負け投手:弓削(2勝2敗)

弓削、宋家豪、高梨、ハーマン、青山 – 太田、足立

本塁打
浅村(27号3ラン)
島内(10号ソロ)

 

西武戦、結果は6 - 8で負け…

1回裏、西武に3点を先制される。

楽天は3回、浅村の3ランホームランで同点に追いつく。

その裏、西武に1点を勝ち越される

4回、相手のフィルダースチョイスで再び同点に。

しかしその裏、2本のホームランで3点を奪われる

5回表、楽天は島内のソロホームランで1点を返す。

さらに銀次の内野ゴロの間に1点を奪い、1点差に迫る。

だが7回に西武に1点を追加され、そのまま敗戦。

連勝は2でストップ。

 

 

選手レビュー

弓削

先発し4イニングを投げ、7安打1四球の7失点

この試合の弓削は、安定感は無かった。

見方が追いついた次の回に失点すること2回。

そこは締めなきゃ…。

コントロールも悪く、カウントを悪くしてストライクを取りに行った球を打たれた。

楽天のエース候補筆頭だったが、今日の結果で2階級降格

 

宋家豪

5回から登板し2イニングを投げ、1安打無四球の無失点。

見た目もピッチングも安定感がある。

 

高梨

7回に登板し1/3イニングを投げ、3安打無四球の1失点。

ポン、ポポンと打たれて失点。

この場面で、高梨を登板させる理由があったのか疑問。

 

浅村

4打数2安打の3打点。

古巣・西武相手には気合が入る。

チーム別にみると、西武戦だけ打率が3割越え

この試合でも3ランを放ち、死球のおまけももらった。

相手チームが全部西武に見えるように、誰か催眠術を掛けてくれ。

 

渡邊佳明

2打数1安打。

死球&四球で3度出塁。

内外野守れるし、有能

 

ブラッシュ

5打数1安打。

この試合も3三振と、ウィーラーの分まで代わりに振り回してる感じ。

ホームラン打てば許してやる!

 

和田

3打数無安打。

大きいのを打ちたい人1号。

 

フェルナンド

代打で出場し、1打数無安打。

大きいのを打ちたい人2号(新入り)

 

 

最後に

西武に敗れたが、順位は3位のまま。

ここは離されないように何とか粘りたい。

 

7回、浅村の打球を巡って平石監督が猛抗議した。

アウトってジャッジしたのに急にセーフにしたじゃん!

だから浅村は途中でゆっくり走ってアウトになっちゃったんだよ~。

プンスカプンスカ!!

 

これ、しょうがなくね?

一応抗議するというパフォーマンスも含まれてたかもしれない。

西武・木村の返球も良かった。

いろいろ偶然が重なって悪い結果になった、ただそれだけ。

 

この件に関して石井GMは冷静だった。

監督の気持ちも分かるけど、判定は覆らないよ~。

この件を審判から謝罪されても仕方がないし~。

ホジホジ…。

そんな感じ(笑)

 

この場面は浅村にも責任がある。

打球がホームラン?アウト?ファウル?どうなる??

というときは全力で走るか、1塁で止まってればよかった。

平石監督は審判に怒ってたが、審判は浅村に怒りたかったはず。

おまえが中途半端なせいだって。

次は頑張りましょう。

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:お前が抗議したって変わらないよ!

ホネB:違うって! 目玉焼きには醤油でしょ!!

 

好きにさせてやってくれ(笑)

 

ちなみに俺は、

黄身は醤油で白身はソース!

という一番メンドクサイ派です。