【9/14オリックス戦】驚愕!オコエの神走塁!辛島粘れず打線も不調で借金生活に・・・(楽天2019シーズン)

2019年9月
チ~ッス
ライト番長です!
山岡にやられすぎ…

 

現在4位の楽天。

3位のロッテとは、1ゲーム差という状況。

楽天が勝ってロッテが負ければ3位の可能性も!

そんな大事な今日の試合。

内容はどうだったのか?

あの選手が神業を披露?

ではどうぞ。

 

 

スタメン

1 (左) 島内
2 (遊) 茂木
3 (二) 浅村
4 (指) ブラッシュ
5 (一) 銀次
6 (三) ウィーラー
7 (右) 渡邊佳明
8 (中) 辰己
9 (捕) 太田

投手 辛島

 

前の試合から、スタメンを変更。

ライトには渡邊佳明が入った。

センターは辰己

キャッチャーは太田

先発は、今シーズン10勝目を目指す辛島

 

 

試合結果

楽天
200 000 020 = 2
000 120 000 = 3
オリックス

負け投手:辛島(9勝6敗)

辛島、久保、青山、宋家豪 – 太田、堀内

本塁打
ウィーラー(18号ソロ)

 

オリックス戦、結果は2 - 3で負け…

序盤は投手戦で試合が進む。

4回、オリックスが1点を先制する。

さらに5回、オリックスは2点を追加

楽天は8回にウィーラーのソロホームランで1点を返す。

さらにチャンスを広げ、浅村が押し出し四球を選び1点差に迫る。

しかし反撃もここまで。

楽天はオリックスに敗れ、2連敗…。

 

 

選手レビュー

辛島

先発し4イニングと2/3を投げ、6安打5四球の3失点。

連続四球を与えたり、敬遠の後に四球を与えたりと、四球祭り

3失点で済んで良かったという感じ。

2桁勝利へのプレッシャーか?

 

久保

5回途中から1イニングと1/3を投げ、無安打無四球の無失点。

辛島が作ったピンチも難なく抑え、回またぎでも安定していた。

ベテランの好投は若手にも刺激になるし、応援にも熱が入る。

おっさんずラブ 1号

 

青山

7回の1イニングを投げ、無安打無四球の無失点。

わずか8球で3人を打ち取る省エネピッチング。

おっさんずラブ 2号

頑張るベテラン。

 

ウィーラー

3打数2安打の1打点。

オリックス・山岡から久しぶりの得点となるソロホームランを放った。

せっかくホームランを放ったのに、ベンチに帰ってきてからも喜ばない。

きっと、二軍で悟りを開いてきたようだ。

調子は悪くなさそうなので、今後に期待。

 

ブラッシュ

4打数無安打。

8回のチャンスの場面で、三球三振…。

しかも全てフォークを空振り。

少しは考えましょう。

 

浅村

3打数無安打。

バットを振れば三振か凡退。

8回ではバットを振らなかったために打点を記録。

 

オコエ

代走として9回に出場。

そして、完全アウトの盗塁をセーフにする神業を披露。

(相手のプレーが雑だったというのもあるが…)

何とかしようとする必死さは伝わってきた。

 

 

最後に

オリックスに負けたがロッテも負けたため、1ゲーム差で4位のまま。

しかし、この敗戦で借金生活に突入…。

 

残りはあと10試合

3位奪取のためには、まずは連敗を止めなきゃ。

 

ここ最近中継ぎは安定しているので、問題は先発投手

いかに失点を減らして中継ぎ陣につなげられるか。

そこだな。

 

それでは、今日の名場面!

ホネA:オコエの神走塁、ドヤッ!

ホネB:スタートは最悪だったやん…

 

頑張れば失敗も神業になるんやで~(笑)